アサヒが米飲料「トーキングレイン」買収検討 海外拡大で収益確保へ

2015.12.29 11:59

 アサヒグループホールディングスが、米国の飲料会社「トーキングレイン」の買収を検討していることが29日、分かった。買収額は500億円規模との見方が出ている。日本国内の飲料市場は人口減少などの影響で大きな成長が見込めないため、海外事業を拡大し収益源の確保を目指す。

 トーキングレインは1987年に米シアトルで創業。炭酸水の「スパークリングアイス」を主力ブランドとしている。

 アサヒは2011年にマレーシア、13年にはインドネシアの飲料会社をそれぞれ買収し、海外展開を進めてきた。だが、売上高全体に占める海外事業の比率は1割台で、競合のキリンホールディングスやサントリーホールディングスの3割台と比べ、出遅れている。

 ビールなどの飲料業界は、世界的な再編が進んでいる。ビール世界首位のベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブはことし11月、同業2位の英SABミラーを買収すると発表。

 アサヒは「現時点で決まった事実はない」とのコメントを発表した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。