スリーエフが本契約延期 ローソンとの資本業務提携

2015.12.30 20:34

 神奈川県を地盤とするコンビニ中堅のスリーエフ(横浜市)は30日、基本合意しているローソンとの資本業務提携に関し、12月下旬としていた本契約の締結時期を延期すると発表した。

 ローソン広報は、延期の理由を「契約の手続きに時間がかかっている」と説明している。今後のスケジュールが分かれば、速やかに公表する方針だ。

 ローソンはスリーエフの発行済み株式総数の最大5%を取得し、商品の共同開発や仕入れの共通化にも取り組む計画だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。