日産の次世代・国産V6エンジンは400馬力の3.0リッターターボ (1/2ページ)

2016.1.1 06:28

 日産自動車が、2016年より国内で生産する新型V6エンジンの画像やスペックを公開しました。

 ボア×ストロークは86.0mm×86.0mmのスクエア型の3.0リッターエンジン。現時点では、スタンダードとハイパワーの2種類がバリエーションとして予告されています。

 スタンダード仕様 主要スペック

 最高出力:300hp(224kW)/6400rpm

 最大トルク:400Nm/1600-5200rpm

 ハイパワー仕様 主要スペック

 最高出力:400hp(298kW)/6400rpm

 最大トルク:475Nm/1600-5200rpm

 従来のVQエンジンよりも軽く小さく作られているというのが特徴で、またフリクションも低減しているといいます。

 フリクション低減のキーテクノロジーは「ミラーボアコーティング」。ピストンが往復するシリンダー内壁にコーティングを施した後、処理をすることで鏡面状として、従来比40%もの摩擦低減を果たしているということです。

コンパクト化に効いているのは「エキゾーストマニホールド内蔵エンジンヘッド」

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。