「ウェザーニューズ」10周年 気象庁関係者からは「“感”測」に疑問の声も (1/3ページ)

2016.1.3 08:53

 民間気象会社「ウェザーニューズ」(千葉市)が先進的に取り組む「参加型」天気予報が平成17年11月に始まって10年が経過した。天気を報告するリポーターは全国約900万人を数え、同社は次の10年へ世界展開を目指す。一方、観測に基づかない予報は「“感”測でしかない」(気象庁関係者)と信憑(しんぴょう)性に疑問の声も上がる。根付きつつある参加型予報の将来を“予報”してみた。(市岡豊大)

 参加型予報は16年春、桜の開花状況を募ったことが始まりだった。実際に桜の写真を全国から送ってもらえば、それがそのまま実況の桜前線になる。

 これが原形となり、空模様を撮影してコメント付きで送信してもらう「ウェザーリポート」をスタート。当時はカメラ付き携帯電話が普及し始めたころとはいえ、通信環境は悪く、画像1枚を送信するのに数十円かかった。報告は1日100通ほどしか来なかったという。

軌道に乗ってきたのは、20年に「ゲリラ雷雨防衛隊」を始めたころからだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。