【2016 成長への展望】みずほフィナンシャルグループ社長・佐藤康博さん (1/2ページ)

2016.1.4 05:00

 □みずほフィナンシャルグループ社長・佐藤康博さん(63)

 ■「欧米型の顧客別管理体制」に挑戦へ

 --米利上げでドル調達コストが上昇している

 「2014年6、7月から、ドル調達コストがじわじわ上がってきた。中国経済の減速や原油価格の下落を受けて、世界経済の先行き不安が広がっている背景もあり、この傾向はしばらく続く。(投資家は安全通貨とされるドルを買うため)これからもドル調達コストはじわじわ上がっていく」

 --ドル調達コストの上昇にどう対応するのか

 「ドル調達コストが上がると、どうしても、貸し出し業務のマージン(利ざや)が減っていく。海外でも貸し出し業務のみで稼ごうとすれば、どんどん収益力が落ちていく。銀行だけでなくて、証券会社や信託銀行、運用会社をグループの中に持っていることが重要で、それぞれのシナジーを発揮できるモデルが10年代の勝ちパターンになる」

 --昨年、英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)から北米向けの貸し出し債権や関連業務を買い取った

 「RBS米国部門の100人超も受け入れたが、ほとんどが社債市場のプロ。米国では、M&A(企業の合併・買収)や経営陣による自社買収(MBO)が非常に多く、一つ一つの案件も大きい。銀行は(M&A費用として)巨額のお金を貸し出すが、その後は社債や株式に切り替えられる。RBSのプロがいることで、社債発行の幹事業務が取りやすくなる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。