米司法省、VWを提訴 「制裁金2兆円超も」

2016.1.5 10:02

 米司法省は4日、排ガス規制逃れ問題をめぐり、ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)や傘下のアウディ、ポルシェなどに対する民事訴訟を米中西部ミシガン州デトロイトの連邦地裁に起こした。窒素酸化物(NOx)の排出規制で基準を満たさないディーゼル車約58万4千台を米国で販売し、大気浄化法に違反したとしている。

 米メディアによると、制裁金の総額は180億ドル(約2兆2千億円)を超える可能性があるという。司法省は「大気浄化の法令違反へのあらゆる適切な補償を求める」としており、刑事責任を含めVWをさらに追及する構えだ。

 訴状によると、VWやアウディ、ポルシェは一部ディーゼル車に排ガス浄化機能を操作する違法ソフトウエアを組み込み、排ガス試験時にだけ浄化機能をフル稼働させていた。実際の運転時には基準を大きく超えるNOxが排出され、大気を汚染したとしている。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。