柏崎刈羽原発の再稼働で東電と新潟県知事1年ぶりに会談、溝埋まらず

2016.1.5 18:58

1年ぶりに会談する泉田裕彦新潟県知事(右)と東京電力の広瀬直己社長=5日、県庁(市川雄二撮影)

1年ぶりに会談する泉田裕彦新潟県知事(右)と東京電力の広瀬直己社長=5日、県庁(市川雄二撮影)【拡大】

 東京電力の広瀬直己社長は5日、新潟県の泉田裕彦知事と会談し、原発の新規制基準の適合性審査を申請した柏崎刈羽原発6、7号機について、安全対策の強化を進めていると強調し、再稼働への理解を求めた。泉田知事は「組織の運営体制も含めて(原因究明を)しないといけない」と指摘し、双方の溝は埋まらなかった。会談は昨年1月以来、1年ぶり。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。