第一生命、営業職員の初任給引き上げ 2万円程度

2016.1.5 20:51

 第一生命保険が今年4月以降に採用する営業職員の初任給を一律2万円程度上げる方向で労働組合と交渉を始めたことが5日、分かった。初任給の引き上げは15年ぶりで、人材を獲得しやすくする狙いがある。2月中旬の妥結を目指しており、今後、本格化する春闘全体の交渉に影響を与えそうだ。

 既に在籍している営業職員も含め、営業成績に応じて支給する「歩合給」も3年連続で引き上げる見通し。第一生命には昨年9月末時点で、約5万5千人の従業員がおり、このうち営業職員が約4万3千人を占める。同職員は、保険契約の獲得に重要な役割を果たしているが、人手不足が深刻で待遇改善が課題になっていた。

 明治安田生命保険も今年4月から5年以上勤務している営業職員を対象に、月給を平均で約1万円引き上げる制度を導入する。現在、3年連続の賞与引き上げも検討している。

 日本生命保険、住友生命保険も賃上げを前向きに検討しており、実現すれば生命保険業界は大手4社すべてが賃上げとなる。政府と日銀は経済界に対し、景気回復を後押しするため賃上げを求めている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。