アパレル卸・仕入れサイトで新インフラ創造 ラクーン・小方功社長 (1/2ページ)

2016.1.5 05:00

 国内のアパレル市場はここ数年ほぼ横ばいが続いている。矢野経済研究所の調べによると、2014年は9兆3784億円で前年比0.9%増だった。しかし長期的にみれば少子高齢化や人口減少の影響で縮小していくとみられている。ラクーンはアパレル産業活性化のため、1998年から企業間取引サイトを運営しているパイオニアだ。小方功社長は「企業間取引の新しいインフラを創造する」と意気込んでいる。

 --事業内容は

 「日本全国のファッション・雑貨業界のアパレルブランドと小売店をつなぐ日本最大の卸・仕入れサイト『スーパーデリバリー』を運営している。とくに中小ブランドと小規模小売店にとって効果的で、活発な取引が可能になる。登録小売店は4万7000店を超え、流通額は約100億円。会費制で質の高い小売店とブランドが参加しているので安心して取引できる」

 --利用するメリットは

 「ブランド側は出張、カタログ作成などの営業コストを削減できる。代金回収も代行し、翌月末までに必ず支払いをするので回収不能リスクの心配もない。一方、小売店側には24時間365日利用できるので、時間とコストの節約になる。小ロット短納期も可能で、ほしい商品を必要な分だけ仕入れられる。こうした利便性から小売店の93%がリピーターとなっている」

 --グローバル展開について

 「14年8月に入会ページを英語化して以降、海外小売店の登録数は増加傾向にある。円安が続き海外バイヤーの訪日数が急増していることから、海外販売をする好機だ。しかし外国語での契約書締結、通関、決済、トラブル対応など、中小企業だけで世界を相手にすることは難しい。そこで15年8月から134カ国以上への輸出販売サービスを始め、手続きと代金回収をすべて代行している」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。