公的年金の補完制度創設を 生保協、政府に提言へ (1/2ページ)

2016.1.6 05:00

 日本生命保険、明治安田生命保険など保険会社の業界団体である生命保険協会は5日、公的年金を補完する私的な個人年金「長寿安心年金」(仮称)の創設を2月にも政府に提言する方針を固めた。公的年金制度は中長期的な改善を目指しつつも、急速な少子高齢化を背景に支給水準の低下は避けられない見通し。個人年金に国が補助するドイツの「リースター年金」を参考に、加入者に一定額を国が補助する仕組みを働き掛ける。

 長寿安心年金は全国民を任意の加入対象者として、年金支給期間に期限を定めず、支払った分の元本を保証する仕組み。現在、民間の保険会社が販売する年金保険のうち、終身年金の加入者は利回りの低さもあって少ない。長寿安心年金の創設は終身年金の加入率を高める契機にもなりそうだ。

 参考にするのは、ドイツの年金制度だ。少子高齢化や社会保障財政が逼迫(ひっぱく)する中で、ドイツは公的年金の給付水準の引き下げと合わせ、私的なリースター年金を2001年から導入。14年の契約件数は1600万件と、対象者3000万人の半数を超える水準となっている。

ドイツでは「補助金」か「所得控除」のいずれか有利な方が受けられる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。