【2016 新春特集】電力小売り自由化 東電、大手初の持ち株会社制に

2016.1.8 05:00

「TEPCO」を基にした新デザイン

「TEPCO」を基にした新デザイン【拡大】

 電力小売り全面自由化に合わせ、東京電力は2016年4月、大手電力で初めて持ち株会社制に移行する。小売り、火力発電、送配電の3事業を分社化し、経営効率を高める。20年までに義務付けられている、送配電部門を別会社化する「発送電分離」を先取りする形だ。

 「他社に先んじて優位に立ちたい」。昨年8月に本社で開いた会見で、東電の広瀬直己社長は、持ち株会社制移行の狙いをこう強調した。

 原子力発電事業や福島第1原発の廃炉などを担う持ち株会社「東京電力ホールディングス」の傘下に、3事業会社を置く。新体制発足に合わせ、ロゴマークも英語の略称「TEPCO」を基にした新デザインにする。

 中部電力も16年4月、発電と送配電、小売りの3部門で社内カンパニー制を導入する方針だ。東電と同様に発送電分離を見据え、組織体制を整える。

 16年は、電力小売りの全面自由化だけでなく、大手電力の組織体制も変わる大きな節目の年となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。