海外輸出に挑む日本の新幹線 「技術力」だけでは受注競争勝ち抜けず (1/5ページ)

2016.1.8 10:30

2016年3月に開業する北海道新幹線で活躍するH5系車両(JR北海道提供)

2016年3月に開業する北海道新幹線で活躍するH5系車両(JR北海道提供)【拡大】

  • 東海道新幹線の主力車両「N700系」。JR東海は米テキサス州での採用を働き掛けている

 【2016 新春特集】新幹線の挑戦

 ■北海道開通、インドで採用 海外に広がる未来

 2016年3月26日、北海道新幹線(新青森-新函館北斗)が開通。北海道から九州までが新幹線でつながる。建設区間がまだ残されているものの、国内の主要な新幹線路線はこれでほぼ整うことになる。そこで次の展開として注目されるのが新幹線の海外輸出。日本にとっては新幹線に関するあらゆるノウハウを次の世代につなげるためには不可欠だ。世界各地で高速鉄道の建設計画が相次ぐ中、日本は官民挙げて、海外のライバルとの戦いに挑む。

 安全、正確性を両立

 日本の新幹線の最大の特徴は高い安全性と運行の正確さ。高速鉄道専用の線路や立体交差を採用し、列車の運行から駅などの案内表示までを一体運用する総合的な運用管理システムは世界でもトップクラス。新幹線のシステムに起因した死亡事故は1件もなく、平均の遅延時間も年平均で1分を下回る。

 ただ、新幹線は原則として高速鉄道専用の線路を走るため、建設コストが高いというイメージが定着。15年秋、日本がインドネシアから高速鉄道受注を逃したのもそれが遠因との指摘もある。

世界では高速鉄道の建設計画がめじろ押し

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。