スポーツカーで日本経済の浮沈わかる? カー・オブ・ザ・イヤー受賞車の軌跡 (2/5ページ)

2016.1.9 07:01

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマツダの「ロードスター」と喜ぶ関係者ら=2015年12月7日、東京都江東区

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマツダの「ロードスター」と喜ぶ関係者ら=2015年12月7日、東京都江東区【拡大】

  • 「ロードスター」は2005年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでも選ばれていた
  • 2006年受賞のトヨタ自動車「レクサスLS460」
  • 2009年受賞の「プリウス」
  • 2011年受賞の日産自動車「リーフ」
  • 2014年受賞のマツダ「デミオ」

 「きょう広島から来るとき、富士山が見えました。美しい国・日本でスポーツカーを開発し、つくり、走らせる。こんな国は他にはありません。スポーツカーをつくり続けることをみんなでやっていきたいと思いますし、私の世代の経営者が数値じゃなく、ロマンで経営をやっていけばできると思います。マツダはやります。一緒にやらせてください」

 クルマ好きの支持を集めるスポーツカー。だが、開発や生産には時間も労力も必要だ。その割に、実用性のなさや価格がネックとなって、大量の販売台数は期待できず、ビジネスとして成り立たせるのは難しい。

 特に、日本メーカーがつくる2人乗りの小型スポーツカーは米国や欧州などでも市場が限られ、業績が悪化するとリストラの対象になることもある。

 だが、12年以降、トヨタ自動車「86」や富士重工業「BRZ」、ダイハツ工業「コペン」、S660、ロードスター…。国内各社はこぞってスポーツカーを投入している。

それでも、メーカーは苦しみながら開発を続けてきた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。