スポーツカーで日本経済の浮沈わかる? カー・オブ・ザ・イヤー受賞車の軌跡 (4/5ページ)

2016.1.9 07:01

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマツダの「ロードスター」と喜ぶ関係者ら=2015年12月7日、東京都江東区

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマツダの「ロードスター」と喜ぶ関係者ら=2015年12月7日、東京都江東区【拡大】

  • 「ロードスター」は2005年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでも選ばれていた
  • 2006年受賞のトヨタ自動車「レクサスLS460」
  • 2009年受賞の「プリウス」
  • 2011年受賞の日産自動車「リーフ」
  • 2014年受賞のマツダ「デミオ」

 ただ、07年に入ると、米国のサブプライムローン問題が浮上し、株価も低迷。景気は先行き不透明感を増し始める。COTYもそれまで数年続いていた高級車や中型車ではなく、ホンダの小型車「フィット」が選ばれた。そしてリーマン・ショックの起きた08年には株価は1万円台を割り込み、COTYにはトヨタの小型車「iQ」が輝いた。

 国内景気は急速に悪化。株価は8000~1万円台に低迷し、新車販売も500万台を割り込んだ。消費者の節約志向や環境意識の高まりを反映するかのように、09年「プリウス」(トヨタ)、10年「CR-Z」(ホンダ)、11年「リーフ」(日産)とハイブリッド車や電気自動車などのエコカーがCOTYを受賞した。

 潮目変わった12年

 潮目が変わったように感じられるのが12年だ。

株価は依然として低調だったが、エコカー補助金の効果もあり…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。