スポーツカーで日本経済の浮沈わかる? カー・オブ・ザ・イヤー受賞車の軌跡 (5/5ページ)

2016.1.9 07:01

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマツダの「ロードスター」と喜ぶ関係者ら=2015年12月7日、東京都江東区

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマツダの「ロードスター」と喜ぶ関係者ら=2015年12月7日、東京都江東区【拡大】

  • 「ロードスター」は2005年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでも選ばれていた
  • 2006年受賞のトヨタ自動車「レクサスLS460」
  • 2009年受賞の「プリウス」
  • 2011年受賞の日産自動車「リーフ」
  • 2014年受賞のマツダ「デミオ」

 株価は依然として低調だったが、エコカー補助金の効果もあり、新車販売は500万台を回復。COTYも、日本では普及していなかったディーゼルエンジンが評価され、マツダのスポーツ用多目的車「CX-5」が、「86/BRZ」などの強豪を抑えて受賞した。

 株価が1万6000円台を回復した13年には輸入車として初めてフォルクスワーゲンの「ゴルフ」が選ばれた。株高で高額消費も持ち直し、国内新車販売でも輸入車の存在感は年々、高まっている。

 スポーツカーが受賞の常連となるかどうかが、日本の自動車産業の“元気”を表すバロメーターにもなりそうだ。(田村龍彦)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。