VW、幹部メール提供拒否 米当局は反発

2016.1.9 11:46

 ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、排ガス規制逃れ問題を調査している米司法当局に対し、電子メールなど幹部同士が情報交換した内容の提供を拒否していることが8日、分かった。欧米メディアが報じた。

 VWはプライバシー保護を規定したドイツの法律を根拠にしているという。しかし、排ガス規制逃れ問題に対する幹部の関与の有無は調査の大きな焦点だけに、司法当局は「われわれのVWへの堪忍袋の緒が切れかけている」(ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官)と反発を強めている。

 この問題をめぐって米当局は、VWへの追及を強めており、米司法省が今月4日、VWなどに制裁金支払いを求めて提訴した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。