ビール大手、酒税一本化見据えブランド強化 3社は強気の計画打ち出す (1/2ページ)

2016.1.9 07:05

主力ビール「黒ラベル」と「エビス」をアピールするサッポロビールの尾賀真城社長(左)とイメージガールの柚木渚さん=東京都千代田区

主力ビール「黒ラベル」と「エビス」をアピールするサッポロビールの尾賀真城社長(左)とイメージガールの柚木渚さん=東京都千代田区【拡大】

 キリンビールなどビール大手4社の2016年ビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)販売計画が8日、出そろった。全社が市場規模の縮小を見込むものの、キリンビールを除く3社が前年実績を上回る強気の計画だ。発泡酒や第3のビールが市場で飽和状態となる中で、各社は、将来的に酒税の引き下げが見込まれるビールの販売強化を柱とする戦略を打ち出している。

 8日にビール類の販売計画を発表したキリンビールは、0.9%減の1億4060万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と大手4社の中で唯一のマイナスを予想した。同日、都内で会見した布施孝之社長は「計画は必達目標で、さらに上を目指す」と話した。

 全国47都道府県ごとに味わいが異なる地域限定のビール「47都道府県の一番搾り」を5月から順次発売する。また、個性的な味わいのクラフトビール(地ビール)なども強化し、「今年はV字回復を本物にする一年にする」(布施社長)と意欲を示した。

業界最大手のアサヒビールは、3月23日に「アサヒ ザ・ドリーム」を…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。