15年のVW世界販売2%減993万台 トヨタの4年連続首位確実

2016.1.11 07:18

 ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は8日、2015年のグループの世界販売台数が前年比2.0%減の993万600台だったと発表した。排ガス規制逃れ問題と新興国の景気減速が響いた。ライバルのトヨタ自動車の年間販売台数は1000万台を超える見込みで、4年連続首位が確実となった。

 VWの前年割れは13年ぶりで、14年に初めて突破した1000万台を下回った。15年上期(1~6月)はトヨタや米ゼネラル・モーターズ(GM)を抑えてトップだった。

 15年の年間では主力のVWブランドが4.8%減の582万台だったほか、商用車も減少した。一方、傘下の高級車ブランドは好調で、アウディは3.6%増の180万台、ポルシェも18.6%伸びた。

 地域別では主力の欧州が404万台と2.5%増えたが、シェアが高い中国は3.4%減の354万台となった。景気が後退しているロシアとブラジルもそれぞれ3割を超える落ち込みだった。9月に排ガス不正が発覚した米国は1.2%増えた。(ロンドン 共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。