【2016 成長への展望】タイコエレクトロニクスジャパン社長・上野康之さん (1/2ページ)

2016.1.12 05:00

 □タイコエレクトロニクスジャパン社長・上野康之さん(59)

 ■自動運転想定、高度な技術開発強化

 --足元の受注状況は

 「2015年のタイコエレクトロニクス(TE)ジャパン全体で、売上高はほぼ前年並み、改善活動の成果から最終増益を確保した。自動車や産業機械が牽引(けんいん)した。自動車は北米が好調、欧州も低迷期を脱しつつある一方、中国や新興国が思ったほど伸びていない」

 --自動車向けのコネクターを扱っているが、独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題による影響は

 「15年11月までの時点で大幅な受注減などの影響は出ていない。ただ、VWの車両は日系車よりも多くの部品が採用されており、欧州や中国での影響があると懸念している」

 --懸念といえば、東南アジアの景気低迷。15年初めに稼働したタイ工場の稼働状況は

 「現在のところ操業率が約60%だが、ほぼ開業前の計画通りで推移している。顧客の約90%が日系メーカーで占められ、景気低迷による悪影響はない。タイ工場はインドネシアやフィリピン、マレーシアなどの第三国向けの輸出拠点と位置づけており、16年からは現地メーカーとの取引も本格化する」

 --16年の見通しは

 「TEジャパン全体では3~4%の増収、好調な自動車部門では7%増収を目指す。TEのグローバル全体では1~3%程度の増収を見込んでおり、市場全体の伸びを考慮すると極めて高い伸びだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。