黒紋付100人が新年を祝う!「第2回 黒紋付会&新年会」ザ・ペニンシュラ東京で開催

2016.1.13 09:32

「第2回 黒紋付会&新年会」_1

「第2回 黒紋付会&新年会」_1【拡大】

  • 「第2回 黒紋付会&新年会」_2

東京都認証非営利活動法人「和服を世界遺産にするための全国会議」は、日本和装ホールディングス株式会社(東証2部上場/証券コード2499、本社:東京都千代田区)の協力を得て、2016年1月8日(金)に「第2回 黒紋付会&新年会」を開催しました。

2015年から始まった黒紋付き姿で新年を祝う「黒紋付会&新年会」は、NPO法人和服を世界遺産にするための全国会議による「黒紋付を最高礼装に」という呼びかけに賛同した100名を超える関係者と一般の方々が参加しました。2016年は東京・有楽町にあるザ・ペニンシュラ東京を会場に開催され、「文化を大切にする国は栄える」という考えをもとに、日本の伝統文化である「黒紋付」はもちろん、男性、女性ともにきものを愛する人を日本中に増やしていくことを宣言しました。

東京駅までの仲通り約1kmを参加者全員で練り歩き、「黒紋付」をアピールしたほか、2016年5月に開催される伊勢志摩サミットなど国際的な行事が多く行われる2016年に日本の最高礼装「黒紋付」のさらなる普及に向け努力することを約束しました。

日本の和服を世界遺産にするには、男性きものの流行も欠かせないと考えています。また女性向けに無料の着付教室を全国に展開し、きもの需要を支えている日本和装ホールディングス株式会社では、男性きものの普及のために男性向けの着付教室も開催しています。

■第2回 黒紋付会&新年会の概要
日時    :2016年1月8日(金) 13:00から2時間
場所    :ザ・ペニンシュラ東京
きものコード:男性、女性とも「黒紋付」※女性は紋付の黒無地に礼装用袋帯
参加人数  :105名

■NPO法人和服を世界遺産にするための全国会議について
日本の誇る服飾文化として、和服を世界の人々に認めてもらおう!と世界遺産の登録を目標にして活動中。2020年の国際的な大会に向けて、日本文化の世界的認知度を高めることも目指しています。

議長 : 吉田 重久
所在地: 東京都千代田区丸の内1-2-1(日本和装ホールディングス株式会社内)
URL  : http://omotenashi.or.jp/

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。