任天堂「3DS」が累計販売2千万台突破 「モンハン」新作が牽引 (1/2ページ)

2016.1.14 13:18

 任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」=の国内の推定累計販売台数が、昨年12月下旬に2千万台を突破した。牽引(けんいん)役になったのはカプコンが3DS向けに発売したゲームソフト「モンスターハンター」シリーズ。販売が30万本を超えるとヒット作とされるソフト業界で、11月下旬の新作「モンスターハンタークロス」は発売から1カ月で約244万本が売れ、ゲーム機の販売を押し上げた。

 「モンハン」の愛称で呼ばれるモンスターハンターは、平成16年にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の据え置き型ゲーム機「プレイステーション2」向けに初代作が登場。当初の販売は振るわなかったが、任天堂の「Wii(ウィー)」に代表される複数人で対戦できる通信機能のついたゲーム機が浸透してきたことで、人気に火が付いた。

 大型のモンスターを多彩な武器を駆使して狩るゲームは、15歳以上が対象年齢でいわば、大人向け。初代の発売から約10年がたち、顧客年齢層が大きく広がっており、通勤や通学途中に楽しむユーザーも多い。

23年2月の発売から5年になる3DS。販売数は鈍化傾向にあるが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。