東京オートサロン開幕 改造車の祭典、最多447社参加 (1/2ページ)

2016.1.16 06:48

自動車展示などを見る人でにぎわう、東京オートサロンの会場

自動車展示などを見る人でにぎわう、東京オートサロンの会場【拡大】

  • 会場で車を撮影する人々
  • トヨタ自動車のレース参戦車とともに撮影に応じる豊田章男社長(中央)とレーシングドライバーら=15日、千葉市の幕張メッセ

 走行性能を高めたり、派手な外装を施したりした個性豊かな改造車(カスタムカー)が一堂に会する国内最大規模の自動車ショー「東京オートサロン」が15日、千葉市の幕張メッセで開幕した。若者の車離れや国内市場の縮小が懸念される中、大手自動車メーカーもこぞって出展、車の魅力を訴えた。17日まで。

 東京オートサロンは1983年にスタート。来場者は年々増加し、昨年は初めて30万人を超えるなど、「東京モーターショー」に匹敵する自動車イベントに成長している。

 34回目となる今回は、完成車やタイヤ、パーツのメーカーなど過去最多の447社、880台が参加。輸入車では独フォルクスワーゲンが初めて出展した。

 来場者は自動車ファンや若者が多いことから、大手メーカーはスポーティーなブランドイメージやモータースポーツ活動をアピール。改造の楽しみなどを提案して、パーツ販売も含め、国内自動車市場の活性化につなげたい考えだ。

マツダはレース仕様の「ロードスター」を展示

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。