東京オートサロンに「マールボロ」ブース ドリフト体験が当たるイベントも

2016.1.16 08:00

東京オートサロン2016に出展されたマールボロのブース=幕張メッセ

東京オートサロン2016に出展されたマールボロのブース=幕張メッセ【拡大】

  • マールボロのブースで今年の決意を叫ぶと抽選でドリフト試乗体験が当たる=幕張メッセ
  • ステージで今年の決意を叫ぶとドリフト試乗体験のほかフェラーリ・グッズが当たる=幕張メッセ
  • マールボロのブースで今年の決意を叫ぶ参加者=幕張メッセ

 千葉・幕張メッセで15日開幕した改造車(カスタムカー)の祭典「東京オートサロン2016」に、フィリップ モリス ジャパンがマールボロのブースを出展した。抽選でドリフト走行を試乗体験できるイベントもあり、にぎわいを見せていた。

 マールボロは約60年ぶりとなる昨年のパッケージデザインの変更を「前に進み新しい時代を築くための大きな決断」と位置づけ、同じように“決断し境界を越える”人を応援するグローバルプロモーション「CROSS OVER(クロスオーバー)」を展開している。

 東京オートサロンでは屋外に喫煙スペースとなるブースを設置。7銘柄のマールボロが試飲できるほか、ドリフト試乗体験やマールボロがスポンサー契約を結ぶフェラーリやドゥカティのグッズがもらえるイベントを行っていた。

 ブース内のステージに登壇して今年の決意を叫ぶステージシャウトでは、参加者の中からドリフトを体験する人が選ばれるほか、帽子、ペン、バッグといったフェラーリ・グッズが当たる。

 出展台数が約880台という世界最大級となるカスタムカーの祭典だけに、ステージシャウトの参加者の大半は「ドラックレースに勝つ」「カーアワードで1位になる」「ラップタイムを縮める」など車にまつわる目標を叫んでいた。

 イベントに参加するには専用サイト「marlboro.jp」かアプリ「Mplus」で発行されたIDが必要。成人喫煙者であることが条件となる。ドリフト体験は16、17日に開催。午前中にシャウトした人が抽選の対象で、当選者のドリフト体験は午後になる。

 また「Mplus」をインストール済みの人を対象にした抽選もあり、フェラーリのキーケースかUSB、ドゥカティのキーリングがもらえる。その場でインストールしても大丈夫だ。東京オートサロンは17日まで。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。