「爆買い」取り込め…京阪と南海が“同盟” コラボが広がる背景とは? (1/4ページ)

2016.1.17 07:18

京阪電気鉄道の京橋駅に掲示されている南海電気鉄道の観光列車をPRする看板

京阪電気鉄道の京橋駅に掲示されている南海電気鉄道の観光列車をPRする看板【拡大】

  • 京阪電気鉄道の京橋駅に掲示されている南海電気鉄道の観光列車をPRする看板
  • 京阪電気鉄道の京橋駅に掲示されている南海電気鉄道の観光列車をPRする看板

 京阪電気鉄道と南海電気鉄道が、互いの利用促進に向けコラボを続けている。沿線の観光スポットを紹介するポスターを相互に掲示したり、両社の鉄道を利用できる企画乗車券を販売したり。急増する訪日外国人には空の玄関口の関西国際空港から南海、京阪を乗り継いで京都観光を楽しむルートをPRする。背景には両社に競合路線がないことがあり、京阪、南海連合で利便性向上を図って売上高規模で上位の近鉄グループホールディングス(HD)と阪急阪神HDに挑む。(藤原直樹)

 ええとこどりプロジェクト

 京阪京橋駅でひときわ目立つ広告看板がある。書かれているのは「天空で行く世界遺産・高野山」。天空は、南海が高野山近くの橋本駅から極楽橋駅までの約20キロで運行している観光列車で、京阪の駅で南海の観光列車をPRしている。

 この看板は京橋駅だけでなく、淀屋橋、枚方市、西三荘、丹波橋、三条の各駅でも掲示している。一方、南海でも京阪をPRする看板が掲げられている駅があり、それぞれが相互にPRし合っている。

両社は「京阪・南海ええとこどりプロジェクト」と命名

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。