4代目の新型「プリウス」快走! 発売40日で受注10万台突破

2016.1.18 16:40

快走を続ける4代目「プリウス」

快走を続ける4代目「プリウス」【拡大】

  • トヨタが12月9日に発売した4代目「プリウス」
  • 新手法「TNGA」によって低重心化や高剛性を実現した新型プリウスの骨格

 トヨタ自動車は18日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の新型車が発売から約40日で月間販売目標(1万2000台)の約8倍にあたる約10万台を受注したと発表した。いま注文すると、納車は7月ごろになるという。

 昨年12月9日から今月17日時点までの受注状況を集計した。

 4代目となる新型プリウスはHVシステムの小型軽量化や空力性能の向上などでガソリン1リットルあたり40・8キロの低燃費を実現。低重心化を図り、走行性能を向上した。価格は242万円からで、プリウス初となる四輪駆動モデルも用意している。

 3代目は発売から約30日で18万台を受注したが、当時はHVのラインアップが少なく、エコカー補助金などもあったことから、トヨタは新型プリウスについて「期待を上回る受注があった」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。