「また乗りたい」 日本航空のCAが実践する“マニュアルのない接客術” (2/4ページ)

2016.1.18 06:30

キャビンを模したモックアップでの訓練風景=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)

キャビンを模したモックアップでの訓練風景=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)【拡大】

  • 日本航空でキャビンアテンダントの教官を務める奥山歩さん=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)
  • 訓練を受ける日本航空の客室乗務員=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)
  • キャビンを模したモックアップでの訓練風景。白のジャケットを着用しているのが教官=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)
  • キャビンを模したモックアップでの訓練風景=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)
  • 日本航空でキャビンアテンダントの教官を務める奥山歩さん=日本航空第一テクニカルセンター(撮影・大竹信生)

 日本航空では、他社より一歩先を進んだ最高のサービスを提供するために、独自の訓練を導入した。乗客の要望を先取りして、柔軟な対応につなげる『感知力』というものだ。同社で客室乗務員の教官を務める奥山歩さんに詳しく話を聞いた。

 「お客様がおっしゃったことを丁寧にやるのは当たり前です。私たちが付加価値として目指すのは『お客様が本当に求めていることは何か』という“気づき”の力を培うこと。これが『感知力』です」

マニュアルのない訓練

 『感知力』にマニュアルはないという。新人訓練生や、すでに現場に出ている客室乗務員を対象に、実際に起こりうる状況を想定した訓練をロールプレイング形式で行い、最善の対策を自分で考えることを徹底させている。この訓練の特徴は、答えに「正解」がないこと。他にも考えられる答えを、教官がアドバイスするだけだ。社員は普段からアンテナを張ることで“気づき”を鍛錬し、自分で答えを導き出す能力を身につけるのだ。

 例えば、乗客から「毛布が欲しいです」と要望があったときはどう対応するのか。「ただ毛布を持っていくだけではありません。寒いのかな、衣服を汚したくないのかな…。いろんな理由があるはずです。もう一歩踏み込んで考えると、『一緒に温かいお飲み物をお持ちしましょうか』といったお言葉掛けにつながってくるのです」。

「14の心」で傾聴…乗客に寄り添うヒューマンサービス

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。