トヨタ、競争力強化へ 車種別の組織改革検討「グローバルに戦える車作り」 (1/2ページ)

2016.1.19 06:18

 トヨタ自動車が自動車事業を車のタイプ別に分ける組織改革を検討していることが18日、分かった。これまでは先進国や新興国など地域を中心に分けていたが、商品を軸にそれぞれの組織が開発や生産など一貫して担当するようにすることで、競争力強化につなげる。4月にも実施するとみられる。

 トヨタは2013年の組織改革で自動車事業を4つのビジネスユニットに分け、北米や日本などの「第1トヨタ」▽中国や南米などの「第2トヨタ」▽高級車の「レクサスインターナショナル」▽部品などの「ユニットセンター」-にした。

 それぞれが最適なビジネスモデルを追求し、意思決定の迅速化などにつなげる狙いだったが、一方で、1つの組織が大きすぎるとの指摘もあった。

 新たな組織改革では、車のタイプ別に「小型車」や「中型車」「商用車」「レクサス」などに分ける案が検討されているもようだ。

販売台数が1000万台を超える中で「グローバルに戦える車作り」(関係者)を行う狙い

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。