【2016 成長への展望】TDK社長・上釜健宏さん(58) (1/2ページ)

2016.1.19 05:00

 ■TMRセンサー核に自動車向け強化

 --米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の販売見通しが弱含んでいる

 「見通しが弱いのは確かだ。ただ、1~3月はもともと落ちる傾向にあり、ある程度(の減産)は織り込み済み。中国や韓国メーカー向けは堅調で、トレンドとしてはスマートフォンの高機能化で搭載される部品点数は増えていく。2017年3月期のスマホ向け部品の売上高は3000億円超まで増えると思っている」

 --中国経済の混乱が指摘されている

 「今のところはほとんど顕在化していない。購買力の大きさは相変わらずだ。スマホに影響が出れば問題だが、中国メーカーでも“勝ち組”と取引できているため、問題ない。ただ生産拠点としては、日本国内のコスト競争力が高まっているため、新製品はできるだけ国内でつくろうと思っている」

 --16年には、秋田県の主要製造拠点(本荘工場、稲倉工場)内に新棟を完成させる予定だ

 「インダストリ4.0に品質のこだわりを加えた『4.5』を体現する工場になる。既に海外で進めているが、センサーなどを駆使し、工程の不良ゼロを目指す。ロボットを活用するが、全自動ではなく、人がロボットを効果的に操ることで、つくる製品の変更やカスタムメードなどにも対応しやすくする。ロボットにすべきことを教え込むという新しい役割のオペレーターが必要で、養成に力を入れたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。