世界がものづくり公認、大田区長歓迎

2016.1.19 05:00

 東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発する「下町ボブスレー」が、ジャマイカ代表に無償で提供されることが決まり、その報告会見が18日、同区で開かれた。下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会の細貝淳一ゼネラルマネジャーは「ジャマイカの人は実直で真面目。一緒に金メダルを目指したい」と抱負を述べた。地元、大田区の松原忠義区長も「大田区のものづくりが世界に認められた」と歓迎の言葉を述べた。下町ボブスレーは16~17年シーズンに向け、そり3台を新規に開発し、ジャマイカ代表に無償提供する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。