作業分析からペット管理まで 富士通が「ユビキタス」新製品

2016.1.20 20:27

 富士通は20日、高度なセンシング技術を活用し、インターネットを通じて人間の労働環境からペットの健康状態まで把握し、分析できる「ユビキタスウエア」の新製品10種を順次提供すると発表した。日本を皮切りに、欧米やアジアでも展開する計画だ。

 第1弾として、企業や自治体に必要な機材一式を貸し出し、先行実証実験を実施している「パイロットパック」の提供を同日から開始した。視覚障害者の見守りや生産現場の作業員の動作の分析などができる。

 2月下旬以降に提供するのは建設作業員らが熱中症などにかかる危険を避けるため、温度、湿度、脈拍数などを計測するセンサーを搭載したリストバンド「バイタルセンシングバンド」。ペットの犬の体につけたセンサーで歩数や運動量を分析したり、カメラで撮影したりする「わんダントチャーム・ステーション」なども3月上旬までに提供する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。