笠原シェフが選ぶ日本料理に合うワイン 3月発売

2016.1.20 23:37

笠原将弘さん

笠原将弘さん【拡大】

 スペインのワイン産地・リオハを代表するクネを輸入する三国ワイン(東京)は20日、東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」の笠原将弘店主が選んだ和食に合うワインを3月10日発売すると発表した。

 実際に笠原氏がリオハに赴き、クネなどのワイナリー4カ所で醸造責任者とテイスティングするなど、「日本料理に合うワイン」という狙いでブレンドを手がけた。

 セレクションワインは赤と白の2種類。赤は「エレガントでデリケートな味わい」が特徴で、白は「魚料理だけでなく、鶏肉や豚肉料理にも合う」という。

 希望小売価格は赤が2500円、白が2300円、進物向けの赤白のセットが5千円(いずれも税別)。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。