東京三菱UFJ銀、地方支社を大幅再編 西日本に「空白県」が増加へ

2016.1.20 18:42

 三菱東京UFJ銀行が、法人営業を担う地方支社を統合し、2月までに大幅再編を図ることが20日、分かった。結果的に西日本を中心に集約が進み、支社がない「空白県」も増加する。主要都市圏の支社に情報や人員を集中させ、取引先企業の海外進出や事業承継といった多様化するニーズに素早く対応できるようにする。

 2015年10月以降、支社の統合により福井や高知、島根などは空白県となった。同行は「存続する近隣支社の行員が企業を訪れ、要望を聞いて回るので支障はない」と判断。鳥取、佐賀といった以前から支社がなかった県では、既に同様の措置を取っていたという。

 15年10月に山陰支社(松江市)と宮崎支社を、それぞれ岡山支社と福岡支社に統合した。さらに12月には福井支社を金沢支社に、高知支社を高松支社にそれぞれ統合。16年2月には大分支社を福岡支社に、福島県や栃木県の支社もそれぞれ近隣支社へ集約し、空白県となる。

 主要都市の支社に引き継ぐことで情報の一元管理が進み、企業の海外展開や合併・買収といった相談により手厚く応えられるとしている。今回の再編は支社の統合で、個人客などに対応する支店は対象ではない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。