【講師のホンネ】英語を始めるタイミングは…「今」 鈴木マグラクレン美保 (1/2ページ)

2016.1.20 05:00

 「英語は小さい頃から始めた方がいいですか?」。お子さんのいる方々からよく聞かれます。そんな時は、「まずは日本語で自分の意見や考えていることを伝えられることが大事だと思いますよ。伝えたいことがあれば、言葉は後からついてきます」と答えています。そして何より、英語は誰にとっても、やろうと思った「今」が絶好のタイミングです。

 新年を迎え「今年こそは英語をやるぞ!」と思ったら、ぜひ「今」から始めてみてください。英語でよく聞かれる3つの質問があります。何か新聞記事を読んだ後、イベントに参加した後など、ことあるごとに、以下の質問に答える練習をしておくと、英語を話す場面でとても役に立ちます。

 “What do you think?”(あなたはどう思いますか?)。英語が話せなかった頃、一番困ったのが、意見を聞かれ、頭の中が真っ白になってしまうことでした。つい素晴らしい意見を言わなければという思いが働き、何も言えなくなってしまいます。でも、聞かれていたのは、“you”(あなた)がどう思うかということ。大切なのは、自分が思ったことを率直に「伝える力」です。

 “Do you have any questions?”(質問はありますか?)。意見を聞かれたときと同じように、つい「いい質問をしなければ」という思いが働いてしまうと、聞けないまま終わってしまいます。疑問に善しあしはありません。質問することで、それが解決されるだけでなく、相手の話に興味があることを伝えることもできます。「質問力」も英語で話す際には、欠かせない大切な力です。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。