東海テレビ放送の昼ドラ、視聴率低迷で52年の歴史に幕

2016.1.20 19:02

 東海テレビ放送(名古屋市)は20日、同社が制作しフジテレビ系列で約52年にわたって全国放送してきた平日昼の連続ドラマ「昼ドラ」を3月で終了すると発表した。昭和39年から始め、数々の話題作を生み出してきたが、近年は視聴率が低迷していた。

 昼の連続ドラマは主婦層に人気があり、かつては他のテレビ局も取り組んでいたが、現在、新作を作っているのは東海テレビだけになっていた。4月からは、同社制作のドラマを土曜夜(午後11時40分~午前0時35分)に「土ドラ」として全国放送する。

 昼ドラは、ドロドロの愛憎劇を描くのが特徴だった。「愛の嵐」「真珠夫人」などがヒットした。現在放送中の「新・牡丹と薔薇」の後、2月から始まる「嵐の涙~私たちに明日はある~」が214作目で最後となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。