NHK放送総局長 SMAPについて「ハッピーエンドで終わってもらいたい」

2016.1.20 19:44

 分裂・解散危機が報じられた人気グループ「SMAP」について、NHKの板野裕爾放送総局長は20日の定例会見で、「正直、私どものニュースで、あれほど手厚く扱うとは思っていなかった。国民的に注目されていると改めて感じたし、できる限りハッピーエンドで終わってもらいたいと思います」と述べた。

 NHKの番組では、SMAPは「NHKのど自慢」などに出演。同局の担当者によると、「のど自慢」の今後の出演予定は「今のところ、白紙の状態」という。草●(=弓へんに剪)剛さんがナレーションを務める「ブラタモリ」については、「通常通りナレーションをしていただく。新年度も継続するかは、今回のことと関係なく決めていきたい」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。