太陽生命 業界初の「認知症保険」発売へ

2016.1.21 22:50

 太陽生命保険が、認知症になった場合に一時金を支払う保険を3月にも発売することが21日、分かった。来週にも発表する。同社によると、認知症と診断され一定の条件を満たした患者に保険金を支払う商品は、業界で初めてという。

 高齢化が進む中で、認知症の患者が増加しており、社会的な需要があると判断した。一時金を支払うことで、認知症の症状を緩和する治療につなげ、症状が軽いうちに進行を食い止めてもらいたい考えだ。介護保険などと併用して加入することを想定している。

 厚生労働省によると、平成24年に認知症の高齢者は約462万人で、37年には約700万人に増える見通し。65歳以上の約5人に1人に上ると推計される。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。