アプリ新規開発しシナジー効果を発揮 GMOメディア・森輝幸社長 (1/3ページ)

2016.1.21 05:00

 国内におけるスマートフォン利用は、アプリ活用が70%以上を占めている。スマホサービスを提供する事業者は、より快適で使いやすいアプリを開発して集客することが、今後の成長に欠かせない。ウェブメディア運営を手掛けるGMOメディアの森輝幸社長は「社員の半数以上がエンジニアである強みを生かし、最高のネットサービスを提供する」と話している。

 --事業内容は

 「ブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などをパソコン、携帯端末用に多ブランドで展開し、主要11コンテンツで1900万人超の会員を擁する国内有数のサービスを提供している。広告収入をベースにしているので、無料で利用することができる」

 --主要サービスは

 「eコマースメディアとソーシャルメディアが中心となっている。eコマースメディアの『ポイントタウン』は日本最大級のポイントサイトで会員は200万人を超えている。掲示板、ブログ、SNSなどのソーシャルメディアのうち『コーデスナップ』は若い女性が自分の洋服の着こなしを投稿するサイト。スマホアプリのダウンロード数は250万を超えていて、人気投稿者もいる。『この人みたいな服がほしい』というユーザーが実店舗で同じ商品を購入する消費行動も起きている。さらに便利なよう、ネットショップへアクセスして買える仕組みを試験運用しているところだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。