ホンダ、年内に燃料電池車を米国で発売 価格は約6万ドルを計画 (1/2ページ)

2016.1.22 11:02

ホンダの燃料電池車「クラリティ・フューエル・セル」(撮影・大竹信生)

ホンダの燃料電池車「クラリティ・フューエル・セル」(撮影・大竹信生)【拡大】

 ホンダは21日、米国ワシントンD.C.で開催中の自動車ショーで、新型の燃料電池車(FCV)「クラリティ・フューエル・セル」を今年中に米カリフォルニア州で発売すると発表した。販売初年度はリース販売とし、市場における使用状態やユーザーの意見を収集後、一般販売も行う予定としている。

 「クラリティ・フューエル・セル」の米国での価格は約6万ドル、月額のリース料金は500ドルを計画している。

 ホンダ米国現地法人のジョン・メンデル上級副社長は、「今年投入するクラリティ・フューエル・セルは、アコード・ハイブリッドや2018年までに米国で販売する予定の新しいプラグイン・ハイブリッド車とともに、ホンダの次世代環境車につながる重要なモデルであり、米国における販売の中心的役割を担います」とコメント。「ガソリン車にも引けをとらないパフォーマンスや使い勝手の良さをお客様に提供することで、ゼロ・エミッションの世界を変えるポテンシャルを秘めています」とアピールした。

大人5名が快適に座れるフルキャビンパッケージ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。