【2016 成長への展望】帝人社長・鈴木純さん(57) (1/2ページ)

2016.1.22 05:00

帝人鈴木純社長

帝人鈴木純社長【拡大】

 ■アラミド繊維と炭素繊維の需要期待

 --中国の景気減速と原油価格の下落が、合成繊維メーカーの経営にも影響している

 「中国の減速については、それまでが良すぎたので予想していた。ただ、原油価格は完全に読み違えた。昨年4月の年度初めは緩やかに上昇していくと踏んでいたが、逆に下がった。合成繊維や化学品を手掛ける当社にとっては、原料価格が下がり、利幅が拡大したのでうれしい誤算にはなった」

 --国内経済について

 「極めてゆっくりとではあるが、良い方に向かっている。ただ、これも予想外だったのは、個人消費が意外と膨らまなかったことだ」

 --2014年11月に発表した構造改革の進捗(しんちょく)状況は

 「シンガポール工場におけるポリカーボネート樹脂の生産を昨年末に停止したほか、岐阜事業所(岐阜県安八町)でのポリエステルフィルム生産も16年9月末に終える。また、ポリエステル繊維の徳山事業所(山口県周南市)を17年度末に閉鎖する予定だ。生産の集約・再編は予定通り進んでいる」

 --昨年は攻めの手も打った

 「松山事業所(松山市)に技術開発拠点を立ち上げ、高機能素材を最終製品まで開発する体制を整えた。これにより、素材同士を融合し、新たな素材やソリューションを生み出せると期待している」

 「このほか、人工関節メーカーに出資してジョイントベンチャー化するなど、M&A(企業の合併・買収)も行った。ただ、15、16年度の合計で1000億円の戦略投資を行う予定なのに、まだ100億円程度しか使っていない。もっとアクセルを踏み込む必要がある」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。