ジャパンディスプレイ、有機ELを量産化へ サムスンなどに対抗

2016.1.23 07:07

ジャパンディスプレイが量産化を目指す手帳型の有機ELディスプレーのプロトタイプ=22日、東京都港区

ジャパンディスプレイが量産化を目指す手帳型の有機ELディスプレーのプロトタイプ=22日、東京都港区【拡大】

 ジャパンディスプレイ(JDI)は22日、2018年からスマートフォンなど向けに有機ELパネルの量産を始める方針を示した。有機ELは、米アップルが同年に発売予定のスマホに採用する見込み。JDIは先行する韓国のサムスン電子やLGディスプレーに対抗し、既存の国内設備に量産ラインを築く。

 有機ELはバックライトが不要なため、液晶より軽くて薄く、デザインの面でも柔軟性がある次世代パネルとして期待されている。ただ、品質の安定や採算性が課題となっている。

 JDIは、低温ポリシリコン(LTPS)と呼ばれる素材の技術を進化させ、低電力を実現。22日会見したJDI次世代研究センターの滝本昭雄センター長は「LTPSの技術は海外勢を引き離している」と自信をのぞかせた。

 この日、東京都内で開催された技術展では、18年に量産化を目指す5.2型の手帳型のシート状有機ELディスプレーのプロトタイプを公開。このほか、NHKと共同開発する高精細の17.3型の8Kディスプレーや、車載用曲面ディスプレーなども並んだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。