デジタル・白物家電の国内出荷、いずれも前年比減少 消費税、天候不順で

2016.1.25 17:54

 冷蔵庫や洗濯機などの白物家電と、テレビなどのデジタル家電それぞれの平成27年の国内出荷額が25日発表され、いずれも前年を下回った。白物は2年連続、デジタルは5年連続の減少。前半は26年4月の消費税増税の影響が残り、白物家電では天候不順でエアコンなどが振るわなかった。

 日本電機工業会(JEMA)が公表した27年の白物家電出荷額は2・8%減の2兆2043億円。主要製品で前年を上回った炊飯器は11・0%増の1262億円。統計には海外仕様品も含まれており、中国人観光客らの“爆買い”の影響もあったようだ。

 電子情報技術産業協会(JEITA)が公表した27年のデジタル家電出荷額は6・0%減の1兆2620億円。薄型テレビは0・5%減の4104億円と前年並みだが、フルハイビジョンの4倍の解像度の「4K」の販売台数が2・4倍となり、大画面化も進んで単価が上がった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。