GM、クライスラーも…ビッグ3“日本離れ” 中印に注力 (1/2ページ)

2016.1.26 19:04

日本市場から撤退する米国・フォード社の販売ディーラー=26日午後、東京都世田谷区成城(撮影・春名中)

日本市場から撤退する米国・フォード社の販売ディーラー=26日午後、東京都世田谷区成城(撮影・春名中)【拡大】

 米自動車大手3社「ビッグ3」のフォード・モーターを除くゼネラル・モーターズ(GM)やクライスラー(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)も、日本での販売は伸び悩んでおり、“日本離れ”の動きも見える。

 国内輸入車市場ではメルセデス・ベンツとフォルクスワーゲン、BMWのドイツ勢が10%以上のシェアを持ち、トップ3を独占する。米国車は好調なクライスラーの「ジープ」でさえ2%程度で、GMの「キャデラック」は年間販売1千台を下回っている。

 GMはいすゞ自動車と提携し、ホンダとも燃料電池車の共同開発を行っているため、「日本を重視している」(関係者)とされるが、撤退の噂はくすぶる。

 金融危機で相次いで経営が悪化したビッグ3も米景気の回復で復活。ただ、市場縮小が見込まれる日本ではなく、成長が続く中国やインドなど新興国での販売に力を入れている。

ビッグ3は2009年から東京モーターショーへの出展をとりやめ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。