タニタ食堂、全国展開へ 3年で60店体制に

2016.1.26 21:37

タニタ食堂の宅配食などをPRするタニタの谷田千里社長ら=26日、東京都千代田区

タニタ食堂の宅配食などをPRするタニタの谷田千里社長ら=26日、東京都千代田区【拡大】

 健康機器大手のタニタは26日、同社の社員食堂の献立を再現した食事を提供する「タニタ食堂」を全国展開すると発表した。タニタ食堂は現在、病院や商業施設、マンションなどに計21店展開しているが、今後3年以内に全都道府県に1店舗ずつ出店し、60店舗体制を構築する考えだ。

 多店舗展開にあたっては、フランチャイズ方式と業務委託、メニュー提供の3方式を中心に進めていく計画だ。

 同日、東京都内で記者会見した同社の谷田千里社長は「タニタ食堂の全国展開を通じて、日本を健康にしたい」と話した。

 同時に、中食事業も強化する。給食事業会社のレパストと提携し、タニタ食堂のノウハウを活用した宅配食サービスを展開する。初年度の販売目標は10万食。今後は、他の給食事業会社との連携を進め、宅配事業の拡大を目指す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。