三井住友海上社長に原氏 あいおいニッセイ同和は金杉氏

2016.1.26 05:00

原典之氏

原典之氏【拡大】

  • 金杉恭三氏

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険が次期社長に原典之副社長(60)、あいおいニッセイ同和損害保険は金杉恭三取締役専務執行役員(59)をそれぞれ充てる方向で調整していることが25日、明らかになった。共に4月以降に交代する見通し。

 MS&ADの柄沢康喜社長(65)、鈴木久仁会長(65)は続投する。柄沢氏は三井住友海上、鈴木氏はあいおいニッセイ同和の社長を兼務しているが、組織改革が一段落したことから、今後は持ち株会社の経営に専念する。

 原氏は自動車保険部長などを経て、現在は経営企画部門を担当。金杉氏は人事企画部長などを経て、今は経営企画部門を担当している。

                  ◇

 ◆三井住友海上火災保険

 原典之氏(はら・のりゆき)東大経卒。1978年大正海上火災保険(現三井住友海上火災保険)入社。自動車保険部長、名古屋企画本部長などを経て、2015年4月から取締役副社長執行役員。60歳。長野県出身。

                  ◇

 ◆あいおいニッセイ同和損害保険

 金杉恭三氏(かなすぎ・やすぞう)早大政経卒。1979年大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)入社。人事企画部長などを経て、2013年4月から取締役専務執行役員。59歳。東京都出身。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。