浜松信用金庫「モノづくり補助金」で支援 地域企業発展に尽力

2016.1.26 05:00

浜松信用金庫の御室健一郎理事長

浜松信用金庫の御室健一郎理事長【拡大】

 浜松信用金庫は「モノづくり」の盛んな地域である浜松に拠点を置く。地域企業のさらなる発展を支援するため、研究開発における助成金などの申請支援や、大学と連携した技術相談などを積極的に行っている。

 「モノづくり補助金」の申請支援においては、相談を受けた企業の約53%が採択された。

 また、地域や業種を超えた企業間の連携による新産業の育成を推進するため、ビジネスマッチングも推進している。毎年7月には、浜松地域内外の企業を集めた展示会を主催。今年で10年目の節目を迎え、新たな取り組みとして、航空宇宙産業や環境・エネルギー、光・電子などの最先端技術を有する中小企業の展示スペース「成長分野ゾーン」を設ける。「先進的な浜松地域のモノづくり」のPRに努める。

 同信金の御室健一郎理事長は「浜松地域の企業はやらまいか精神に象徴される進取の気性があり、優秀な技術を持つ企業が多い。今後も業種の枠を超えて企業間連携をサポートし、新たな製品やサービス、産業を創造する仲介役として力を注いでいきたい」と話している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。