帝人、航空機向け炭素繊維拡充 新契約締結、米で製造ライン再稼働 (1/2ページ)

2016.1.27 06:52

炭素繊維が使われる航空機用ブレーキ

炭素繊維が使われる航空機用ブレーキ【拡大】

 帝人は26日、鉄より軽くて強度が高い炭素繊維について、航空機部品用に新たな供給契約を結んだと発表した。米UTCエアロスペースシステムズ(UTAS)との契約を更新し、航空機用ブレーキの材料として2030年まで納める。更新に伴い、米国で休止していた製造ラインを再稼働させる。航空機の機体やゴルフクラブのシャフト、自動車の他にも炭素繊維の用途が広がる中、大手メーカーの増産対応も目立っている。

 炭素繊維は、「プリカーサ」と呼ぶ特殊なアクリル繊維を酸化させた後、無酸素状態に置いて1000~2000度で焼いて作る。帝人は、子会社で炭素繊維の開発・製造を行う東邦テナックス(東京都千代田区)を通じ、酸化の過程で製造された「耐炎繊維」と呼ぶ繊維を納める。

 UTAS向けには07年から供給し、25年まで契約期間が残っていたが、今回の更新で、15年以降の供給量を倍増させ、供給期間も30年まで延長する。15年から30年までの受注金額は200億円以上になるという。

契約更新を受けて、東邦テナックスは米国子会社で…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。