ライオン、介護・子育て社員の勤務配慮 「時短」「フレックス」同時利用可能 (1/2ページ)

2016.1.27 07:37

 ライオンは、子育てや家族の介護を抱える社員が働きやすくなる新制度を1日付で導入した。短期間勤務制度とフレックスタイム制度を同時に利用できる。介護が必要な社員に対しては、休職期間の拡大にも踏み切った。社員個々の事情に応じた柔軟な働き方を可能にすることで、仕事と家庭を両立するワークライフバランスを推進する。

 導入した「ショートタイムフレックス制度」は、小学校1年生までの子供を持つ社員や、家族の介護を行う社員が対象。事前に申請すれば、会社で定めた7時間45分より2時間まで勤務時間を短くできる。また、10時から15時までのコアタイムをカバーすれば、出社や退社の時間を柔軟に変更できる。

 これまで時短勤務、フレックスタイムともに制度自体は存在していたが、同時利用はできなかった。このため、時短勤務を選んだ場合、出社と退社の時刻は事前に届け出た時間に固定され、用事などで出社時間を少しだけ遅らせたい場合でも半休扱いにせざるを得なかった。

また、介護を抱える社員に対しては、最長93日だった…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。