三菱UFJ銀 カンボジアのHKL買収へ

2016.1.28 05:00

 三菱東京UFJ銀行は27日、連結子会社のアユタヤ銀行(タイ)を通じてカンボジアの銀行「ハッタ・カクセカー(HKL)」を買収すると発表した。同日、アユタヤ銀がHKLの全株式を取得することで合意した。買収金額は百数十億円に上るとみられ、年内に取得するもようだ。

 HKLは、農家など小規模事業へ資金を貸し出す銀行で、総資産は3億1600万ドル(約370億円、2014年12月末)と同国18位。

 カンボジアは高い経済成長率が見込めるため、三菱東京UFJ銀は12年にプノンペンに駐在員事務所を開設し、経済情報の収集や投資環境の提供などを手がけてきた。

 HKLは、小規模向けに特化する銀行として急成長を遂げており、今後5年で貸し出し残高を15年12月末比3.6倍の13億ドル(約1400億円)まで増やす目標を掲げている。こうした高い成長が見込まれるため、三菱東京UFJ銀はアユタヤ銀とともに買収を決めた。アユタヤ銀行のノウハウを使ってカンボジアへの本格進出を図る。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。