マツダの新世代商品群にミニバンがない理由とは? (1/2ページ)

2016.1.30 17:06

 2012年のCX-5を皮切りに、アテンザ、アクセラ、デミオそして2015年のロードスターまで、スカイアクティブテクノロジーを搭載したマツダの新世代商品群は勢揃いしました。

 ボディタイプもコンパクトカーからSUV、コンパクトセダン、ミディアムセダン、オープンカーと多彩なラインナップとなっています。

 しかし、一つ足りないのはミニバン。マツダにはプレマシー、ビアンテ、MPVとミニバンは3モデルありますが、フルモデルチェンジの噂もありません。それはなぜでしょうか。

 その理由の一つはデザインです。ロードスターをはじめとした新世代商品群は魂動デザインが採用されています。魂動デザインの特徴としては、そのカタチから命を宿したものだけが放つ、一瞬の動きや美しさを表現することです。表現方法の一つがボディサイドに走る躍動的なラインとボディのうねりです。

この魂動デザインの不可欠なこの躍動的なラインやボディのうねりは…

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。