建機大手2社、中国の販売低迷で減収減益 15年4~12月期 (1/2ページ)

2016.1.30 05:00

 建設機械メーカー大手2社の2015年4~12月期連結決算が29日、出そろった。コマツ、日立建機ともに中国や新興国で油圧ショベルの需要が落ち込んだほか、資源安の影響で鉱山機械の販売も低迷し、減収減益となった。業績回復のカギとなる中国経済の底が見えておらず、両社とも当面、厳しい事業展開を強いられそうだ。

 コマツが29日発表した同期連結の最終利益は前年同期比11.0%減の1037億円。業績の足を引っ張っるのは中国だ。特に地方の公共工事が止まっており、10~12月期の需要は前年同期比40%減だった。稲垣泰弘常務執行役員は「中国政府は金融緩和策を打ち出したが、効果は見えない」と述べ、今後も需要は大幅減少するとの見方を示した。

 10~12月期の地域別の需要では欧州はプラスだったが、日本や北米、東南アジアはマイナスだった。また為替も円高傾向となり、利益を圧迫した。

一方、日立建機も中国での販売低迷や新興国の通貨安による為替差損で…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。